介護保険外のサービスが様々に考えられています。社会保障費の抑制のための取り組みが、その背景にあります。

そのサービスを考えるにあたって、専門家の意見やアドバイスを学んで来ました。

保険外サービスを成功させる「仕組み」は?

単発のサービスの取り組みはよくない。出して終わりではなく、試行錯誤して継続して新たなサービスに取り組む必要がありますね。

様々な興味あるサービスが生まれている。

例えば、「DFree」(排泄ケア)というソフトの開発。スマホで排泄ニーズを知らせてくれる。(まだ実用化は遠い)など、など。

「自立介護支援」への取り組みが新設される(保険外サービスというよりも、従来の介護の考え方を変える視点)

要介護度を下げた事業所の報酬を優遇する一方、自立支援を提供しない事業者への報酬を減らす制度の導入が検討されているなど。

こうした変化を楽しめるようにしたいですね。