吹田市高齢者安心・自信サポート事業とは

要支援者が利用しているホームヘルパー(訪問介護)、デイサービス(通所介護)が、介護保険の給付から移行され、市独自の事業となったものです。サポート事業は、介護保険制度の改正によって、各市町村で実施することとされた介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)のひとつです。

吹田市で平成29年4月から始まった介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)

①サポート事業(「吹田市高齢者安心・自信サポート事業」)

②一般介護予防事業(全1号被保険者対象)

の2本立てとなります。

これらの①サポート事業と②一般介護予防事業のサービス内容は、地域事情に応じて各市町村で決定することになっています。

なぜ、この総合事業が始まったかというと               

総合事業は、2025年を見据えた地域包括ケアシステム構築に向けた地域支援事業のひとつです。

地域包括ケアシステム…

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう、状態に応じ必要な医療、介護、予防、住まい、生活支援が一体的に提供されること

地域支援事業…

介護予防や地域包括支援センター運営などの市町村事業のこと。介護保険制度は、給付と地域支援事業の2本立てになります。 

護予防・日常生活支援総合事事業の説明会が実施されています

この総合事業は、市独自の事業であるとともに、従来の要支援者への訪問介護や通所介護の事業が含まれるため、同市は介護保険事業者説明会(2回)、市民説明会(6回)、居宅介護支援事業者説明会などを開催して準備してきました。

このサポート事業の費用について

利用時の負担   → 変更なし

市支出分の負担割合→ 変更なし

公費負担の内訳  → 変更なし

ただし、次のような天井が設けられています。

総額に上限額が設定され(前年度実績×75歳以上人口伸び率)、超過分は100%市負担

 

今後、この新制度について調べたいと思っています。

介護事業の会計、税金、経営に関するご質問・ご相談については、介護事業サポートの窓口から、電話やメールでお気軽にご予約ください。

初回相談は無料です。