休日なので、肩がこらない話をしたいと思います。

先日、汐留ミュージアムの「マティスとルオー展~手紙が明かす二人の秘密~」

に行って作品を見て参りました(会期は1月14日から3月24日まで。すでに終了しています)。その後関西で、あべのハルカス美術館で「マティスとルオー~友情50年の物語~」(4月4日~5月28日)を開催しています。

ジョルジュ・ルオー(1871~1958年)は、私が好きな画家の一人です

何年か前に、最初に雑誌か何かでルオーの絵を観たときは驚きましたね。人物の輪郭が太くて黒い線でしたから。しかし、色彩は複雑できれい。しかも、絵画からは深い敬虔な信仰心を感じました。

さらに、版画集「ミセレーレ」ではルオーの平和への思いなどを強く感じました。

 

ジョルジュ・ルオーについて

ウィキペディアは

「20世紀に入ったころから、独特の骨太の輪郭線と宝石のような色彩があらわれる。画題としてはキリストを描いたもののほか、娼婦、道化、サーカス芸人など、社会の底辺にいる人々を描いたものが多い。ルオーは版画家としても20世紀のもっとも傑出した作家の一人で、1914年から開始した版画集『ミセレーレ』がよく知られている。」

そのジョルジュ・ルオーとアンリ・マティスが親友だったとは、今回の企画展があるまで知りませんでした。

パンフレットでは

「アンリ・マティスとジョルジュ・ルオー。パリの美術学校の同級生であったふたりは、生涯にわたって家族ぐるみの交流を続け、互いの創造活動を尊重し、支援し合いました。」とあります。

話は変わりますが、現在、活躍されています石井一男さんという神戸の画家がおられます。その方が描く「女神」という作品が好きです。

ルオーの作品と何か共通性を感じてます。

 

その後、ミュージアムを後にして、浅草の「亀十」というお店でどら焼きをいただきました。

このお店、どら焼きで全国第1位のお店です。(資料によると、第1位が1900ポイント、第2位は430ポイント、その差が半端ではなく、以前から大変興味を持っていましたもので)

食後、その差に納得しました。大変美味しくいただきました。