日本総合研究所リサーチ・コンサルティング部門マネジャーである志水武史氏のお話をお伝えします。13回目です。

 

大阪健康寿命延伸産業創出プラットホーム(略称「OKJP」)の「新規ビジネスプラン創出研究会」に参加しました。そこで同氏が示された点で、私が重要だと考えたことを以下に述べます。

 

今回はヘルスケアサービス創出の基本的戦略の第5番目を紹介します。

考え方は「サービスの差別化・高付加価値化を図れ!」です。

 

志水氏は、

「費用対効果の提示、サービス認証取得等を通じて、競合サービス・他社との差別化・高付加価値化を図ることが重要です」と指摘しています。

その中で前回、サービス認証制度等である「ヘルスツーリズム認証」を紹介しました。

今回は

健康運動サービスの品質評価の仕組みである「アクティブレジャー認証」を紹介します。

 

アクティブレジャーとは

「人は多くの場合、痛みや辛さを感じない限り、健康に投資したり、努力したりしない。しかし、楽しいことにはお金も時間も使うし、努力もする」

健康のための運動(フィットネス)という考え方ではなく、アクティブレジャー(活動的に余暇を過ごす)を楽しむという新たな運動の考え方です。

アクティブレジャー認証制度とは

健康運動サービスの品質評価の仕組みを構築するため、国の健康寿命延伸産業創出推進事業のひとつとして実施されている「疾病予防向けアクティブレジャー事業者の品質評価・認証事業」のことです。モデル事業の中で、すでに認証事業所とアクティブレジャー商品が生まれています。

 

認証制度の効果について

① アクティレジャー商品の登録と事業所への認証付与によって、事業者と商品のプレゼンスの向上

② 登録商品の品質の見える化(品質評価結果を公表)による、健康づくりや介護予防事業を行う市町村や健保組合などの保険者に対し、委託事業の担い手として自社の強みの証明

③ 認証基準に基づいた体制構築をきっかけとして、業務プロセスの可視化がなされ、マネジメント力・組織力の向上

※ 一連の取り組み・手続きは一般社団法人日本規格協会が担当しています。

事例が分かりやすいですので、例えば

東京都港区の株式会社NBHの「パーソナルダイエット」があります。

 

 

 

このように、「アクティブレジャー認証制度」とは、「ヘルスツーリズム認証」と同じく、経済産業省が公的保険外のヘルスケア産業の創出を図るため、差別化・高付加価値化を図るための客観的な基準として「サービス品質の見える化」のために整備したものです。

 

ヘルスケアサービス(介護保険外事業)の新規創出を検討する上で、この制度の活用を考えてみてはどうでしょうか。特徴がある差別化されたサービスが生まれています。

 

次回11/21(火)は、サービスの差別化・高付加価値化の代表的事例である「健康増進事業株式会社のセルフメディケーション促進事業などを紹介します。

 

介護事業は社会課題解決事業です。

 

保険料と税で運営されている社会保険制度としての制度ビジネスです。3年ごとに改定される制度変更には、しっかりと対応することをおすすめします。

 

会計や税務で気になる点について一緒にベストな解決策を検討しましょう。

ご相談については、電話やメールでお気軽にご相談ください(来所していただける場合初回無料です)。

 

火・木曜日は、「介護事業の基礎知識バージョンアップ゚編」として記事を紹介しています。

 

「介護事業の基礎知識バージョンアップ編」は、ケアビジネスに関心がある方やこれから介護事業の経営に取り組まれようと考えられている方を対象に、介護事業に関する基本的で重要な事項を紹介する内容にしています。

 

・「ヘルスツーリズム認証~サービスの差別化・高付加価値化を図れ!」はこちら(11/14)

・「マーケティングは適切に実施せよ!ヘルスケアサービス創出戦略NO4」はこちら(11/9)

・「外部事業者の商品・サービスと連携せよ!」はこちら(11/7)

・「サービス提供分野を拡大せよ!」はこちら(11/2)

・「介護保険を活用せよ!」はこちら(10/31)

・「単品のサービスとしての差別化が困難。外部との連携が重要な鍵」はこちら(10/26)

・「マネタイズ゙ができている先駆的事業モデル」はこちら(10/24)

・「グレーゾーン解消制度の活用!」はこちら(10/19)

 

よく読まれている記事

・「平成30年度介護報酬改定まで、あと4か月およびそのスケジュール感」はこちら(8/17)

・「地方自治体がまちづくり株式会社をつくり、総合事業改革塾を始める。逢坂伸子氏の取り組み」はこちら(8/3)

・「地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の改正~共生型サービスの創設」はこちら(7/11)

 

ブログは、曜日によりテーマを決めて書いています。

 

月曜日は「開業の基礎知識~初めて開業する方に、税理士からお伝えします」を連載しています。

 

最近よく読まれている記事

・「開業前のための基礎知識②~退職後に郵送される給与所得の源泉徴収票の保管を忘れずに!」はこちら(11/13)

 

水・金曜日は、次のとおり税務記事を紹介しています。

水曜日「同族会社とその役員の手引き」

金曜日「いざそのときにあわてないための相続税や贈与税に関する知識」

 

土曜日は、起業者を対象に次のような“会計”の記事を紹介しています。

「“会計”に挫折した起業者の方を対象に、起業者の会計超理解ハンドブック」

 

日曜日は、利用者が増えてきている「住宅取得等資金の贈与税の非課税の誤りやすい事例」の注意点を紹介しています。

 

最近よく読まれている記事

・「贈与を受けた住宅取得等資金と住宅ローンにより一戸建てを購入。住宅ローン控除と贈与税の非課税は併用できますか?」はこちら(11/12)

 

・「親名義の住宅を子の資金で増築等リフォームした場合~名義変更しなければ贈与税がかかります」はこちら(7/31)