自営業の廃業者数は、20万を超える数で推移しています。経済を支える中小企業の雇用や技術の喪失という視点から、事業承継問題がクローズアップされています。

それらを受けて、各地で事業引き継ぎ支援センターによる支援や事業承継窓口などが開設されるとともに、税制支援として平成30年度では事業承継税制が大幅に拡充されます。

しかし、事業承継はあまりにも幅広い問題を含んでいます。そもそも何をどうしたらよいのか?と考える事業者の方がほとんどです。

 

こうした問題に対応して、私が所属する「関西の中小企業を元気にする会」が昨年からセミナーの準備をしてまいりました。

突然ですが、セミナー開催情報をお知らせいたします。

中小企業経営者のための事業承継セミナー~間違いだらけの事業承継対策」

(関西の中小企業を元気にするセミナー三井住友海上火災(株))

ご都合のよい方で事業承継問題に関心をお持ちの方はぜひご参加ください。

 

次の中で、当てはまる項目をお持ちの中小企業の経営者の方向けのセミナーです。

□ 自社株式をどのように渡せばいいのだろう?

□ 会社に後継者がいない、後継者はいるが継ぎたがらない?

□ 事業承継と相続は、何が違う?

□ そもそも問題が何か分からない。

 

本セミナーをおすすめする方

□ 事業承継や相続は何から考えたらいいのか?わからない方

□ 事業承継の基本的なことを知りたい方

お待ちしています!

 

本セミナーで学べること

本セミナーでは、主に次のようなことが学べます。

□ 事業承継について何から手をつければよいのか

□ 事業承継では4つの問題があります。その中で、やらなければいけないこと・やっておいたほうがよいこと

□ 事業承継の落とし穴とはどういうものか

□ 最新の事業承継税制とはどういうもので、どう利用したらよいのか

 

予定のプログラム等は次のとおりです

日時 :2018年2月21日(水)13:30~15:30

始めに 13:30~13:40 ご挨拶 三井住友海上火災保険㈱

関西企業営業第五部第二課 宮岸

第1部 13:40~14:20 事業承継4つの問題

日本FP協会認定ファイナンシャルプランナー 大上健一

第2部 14:30~15:30 事業承継、税理士の視点

税理士 井上 寧

 

会場 三井住友海上 大阪淀屋橋ビル

(淀屋橋ODONAビル地下鉄/御堂筋線・淀屋橋駅直結)

4階中会議室B 大阪市中央区今橋4-1-1

参加費 無料

 

※ 申し込みは三井住友火災保険株式会社(大阪中央区北浜4-3-1)担当者の宮岸さまあてに電話またはFAXください。

TEL:06-6233-1513、FAX:06-6233-1511

または、弊事務所あてにHPの問い合わせページまたは電話で申し込みしてください。

(参考です)

 

次回2/21(水)は「相当の地代に、満たない地代を支払うケース」を取りあげます。引き続き会社と社長の税金を考えていきます。

 

みなさん!今日も元気に冬の1日をお過ごしください。

 

水曜日は、「同族会社とその役員の手引き」を紹介しています。あてはまる事例を参考にしてくださいね。

土地貸借の税務ルール

・「会社が、社長から土地を借りる」と税金の問題が発生します」はこちら(1/24)

・「会社が権利金を支払うケース」はこちら(1/31)

・「会社が権利金に代えて相当の地代を支払うケース」はこちら(2/7)

 土地売買の税務ルール

・「会社が社長から土地を買う。その時の時価をどう算定するか」はこちら(12/13)

・「会社が社長から土地を買う。社長と会社の税金はどうなりますか?」はこちら(12/20)

・「会社が、社長から低額で土地を買うと税金の問題が発生します」はこちら(12/27)

・「会社が、社長から高額で土地を買うと…」はこちら(1/3)

・「社長が、会社から低い価額で土地を買うと…」はこちら(1/10)

・「社長が、会社から時価より高い価額で土地を買うと…」とはこちら(1/17)

建物貸借の税務ルール

・「会社が社長から建物を借りる」はこちら(10/11)

・「会社が社長から建物を借りる、社長の税金」はこちら(10/18)

・「社長が会社から建物を借りる、家賃のルール」はこちら(10/25)

・「社長が会社から建物を借りる、低額家賃の場合」はこちら(11/1)

 金銭貸借の税務ルール

・「会社が社長からお金を借りる」はこちら(11/8)

・「会社が社長からお金を借りる、高金利の場合」はこちら(11/15)

・「会社が社長からお金を借りる、無利息の場合」はこちら(11/22)

・「社長が会社からお金を借りる」はこちら(11/29)

・「社長が会社からお金を借りる、無利息の場合」はこちら(12/6)

ブログは曜日により、次のようにテーマを決めて書いています。

・月曜日は「開業の基礎知識~初めて開業する方に税理士からお伝えします」

・火・木曜日は「介護事業の基礎知識バージョンアップ゚編」

・水曜日は「同族会社とその役員の手引き」

・金曜日は「相続税をわかりやすく!」

・土曜日は「会計の勉強を始めた起業者の方に“会計超理解ハンドブック”」

・日曜日は「住宅取得等資金の贈与の非課税」の誤りやすい事例

免責

ブログ記事の内容は、投稿時点での税法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。