金曜日は相続税をわかりやすく紹介しています。11回目です。

そのままだと連れ子には相続権がありません

 

たとえば、下の図で長女は新しい夫の養子になるわけではありません。長女は新しい夫が養子縁組をしていなければ、新しい夫と長女は親子ではありません。

新しい夫に万が一のときであっても長女には相続権はありません。

 

 

したがって、夫が亡くなると、夫の遺産の半分は妻、残りの半分は長男に相続する権利が発生します。

 

 

長女にも新しい夫の遺産を受け取れるようにする方法としては養子縁組があります

養子というかたちで、本来は血のつながらない親子関係に、人為的に法律上の親子関係をつくり出す方法です。

もちろん、養子には血族関係はありません。法律上は血族と同様に扱われます。嫡出子(ちゃくしゅつし)の身分を取得します。法定血族といいます。養子は実子と同じく相続人になることができます。相続分も実子と同じです。

 

養子縁組をすれば、次のような法定相続分となります

 

養子縁組の手続き

届出先

養親もしくは養子の本籍地 または届出人の住所地の市区町村役場

■届出人

養親と養子(養子が15歳未満であれば法定代理人、通常は両親)

必要書類

養子縁組届(市区町村役場にあり、届出人と証人2名の署名捺印が必要)

養親と養子の戸籍謄本(本籍地に届け出る場合は不要)

顔写真入りの身分証明書

 

養子縁組すると長女は

新しい父親と実父のそれぞれの相続権があることになります。新しい父親そして実父の相続があったときは、両方の相続人になり、遺産をもらえます。

 

さまざまなルールがありますが、これらを前もって考えておけば安心です。

 

Every day is a new day!

夏の1日を元気にお過ごしください!

 

相続税をわかりやすく!

① 相続税の申告と納付までの、相続手続きの順序と流れ

② 遺産の分割が決まらないときでも、相続税の申告期限が延びることはありません

③ 亡くなった方が遺言を残していなかった場合は、遺産分割協議書を作成します

④ 相続人によって最低の取り分が保証されています

⑤ 単に財産をもらわないことを「相続放棄」とはいいません

⑥ 相続税がかからなくても申告が必要な場合があります

⑦ 相続登記をほうっておいたらどうなる

⑧ 相続税の申告をほうっておいたらどうなる

⑨ 相続税を一度に支払えません。相続税延納のポイント

⑩ 払いすぎた相続税を取り戻す手続き。「更正の請求」のポイント

 

金曜日は「相続税をわかりやすく!」を紹介しています。

争族を避けるための基礎知識、相続の権利でよく出てくる問題、節税の三原則などをお伝えしています。

「相続税をわかりやすく!」の記事は

https://www.y-itax.com/category/souzoku/

 

ブログは曜日により、次のようにテーマを決めて書いています。

月曜日は「開業の基礎知識~創業者のクラウド会計」

・火・木曜日は「平成30年度介護報酬改定の重要事項」

・水曜日は「事業承継・税理士の視点」

・金曜日は「相続税ついてわかりやすく!」

・土曜日は「経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方」

・日曜日は「贈与税についてわかりやすく!」

 

免責

ブログ記事の内容は、投稿時点での税法その他の法令に基づき記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。