水曜日は消費税の記事を掲載します。

 

消費税率は令和元年10月1日から10%(消費税7.8%、地方消費税2.2%)に引き上げられます。

一方、消費税および地方消費税の中間申告・納付額は、直前の課税期間の消費税額を基礎として計算します。

このため、消費税率の引き上げ直後においては、今後申告する課税期間が消費税率10%の期間であっても、中間申告・納付額が直前の消費税率8%に対応する金額です。

確定申告時には、その差額に対応する消費税額を申告・納付することになります

 

したがって

税率引上げ直前の課税期間と同様の決算内容であった場合でも、確定申告時の納付額が増加します

 

■消費税の中間申告額は、直前の課税期間の確定消費税額を基礎として計算します。

税率の引上げにより消費税額(年税額)は 10%で計算されますが、税率引上げ直後の課税期間における中間申告額は8%で計算されます。

 

■つまり、確定申告においては、10%の税率により計算された消費税額(年税額)と、8%の税率により計算された中間申告額との差額分が増えます。納税額も増加します。

 

具体例「9月決算法人の申告イメージ(軽減税率は考慮してません)」で考えますと。 

 

2019年9月期(税率引き上げ前)売上高20,000万円(税抜)

 

 

 

①年税額 1,600万円(=20,000万円×8%)

②中間申告による納付額 1,200万円(=400万円×3回)

③①―② = 確定申告による納付額 400万円(=1,600万円-1,200万円)

 

2020年9月期(税率引上げ後)売上高20,000万円(税抜)

 

 

 

①年税額 2,000万円(=20,000万円×10%)

②中間申告による納付額 1,212万円(=404万円×3回)

※ 地方消費税は引上げ後の税率(1.7%→2.2%) が適用されます。

③①―② =確定申告による納付額 788万円(= 2,000万円-1,212万円)

 

かなり納付額が増加します

 

税率引き上げ前400万円 < 税率引上げ後788万円

 

(出所:国税庁パンフレット)

引き上げ後は、この問題に限らず

引き上げ前と引き上げ後のこれに類する注意すべき問題が発生します。

 

変化を探し、変化に対応し、変化を機会として利用する(ピーター F.ドラッカー)

Every day is a new day!

夏の1日を元気にお過ごしください。

 

創業者には、事業を着実に成長させるために、決算書の会計データを計器盤として利用することをおすすめしています。次のようなサービスを提供しています。

創業起業サポート 「創業者応援クラウド会計サービス」と「顧問相談クラウドサービス」

 

お伺いして、会計処理や税務の相談や提案などさせていただくサポートサービスを提供しています。

▶  税務会計顧問サービス

 

 

消費税

 持ち帰りと店内飲食を、税込みで同じ価格にする方法があります

② 国内で行う商品の発送、内国法人は輸出免税の適用を受けることができません

 海外事業者から商品の販売委託を受ける場合

 消費税アップ後、消費税負担が下がり増税後の方が得になります

⑤ どう選択するか?「軽減税率対策補助金」と「キャッシュレス・消費者還元事業

⑥ 軽減税率導入に伴う、飲食料品を取扱う「卸売業者」や「小売業者」のキホン

 税抜き/税込み、どちらの表示が正しいの?わかりづらい外税表示と総額表示

 わかりやすい表示について考えます

 

ブログは曜日により、次のようにテーマを決めて書いています。

・月曜日は「開業の基礎知識~創業者のクラウド会計

・火曜日は「平成31年度介護報酬改定の重要事項」

・水曜日は「消費税」

・木曜日は「法人節税策の基礎知識

・金曜日は「相続税ついてわかりやすく!」

・土曜日は「経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方」

・日曜日はテーマ決めずに書いています。

 

免責

ブログ記事の内容は、投稿時点での税法その他の法令に基づき記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。