井上寧 NEW DAY BLOG 新着
  • HOME »
  • 井上寧 NEW DAY BLOG 新着 »
  • 相続取得の空き家売却(特別控除)

相続取得の空き家売却(特別控除)

相続空き家の特例改正、老人ホームに入所していた場合が適用可能です ~ 空き家売却の3,000万円特別控除⑯

  空き家売却の3,000万円特別控除とは 相続により被相続人の居住用財産を取得した相続人が、被相続人の居住用財産を譲渡した場合に、譲渡所得の計算上3,000万円までの特別控除額を控除することができる特例です。 …

「住宅ローン控除」と「空き家売却の特別控除」との重複ルール ~ 空き家売却の3,000万円特別控除⑮

  空き家売却の3,000万円特別控除とは 相続により被相続人の居住用財産を取得した相続人が、被相続人の居住用財産を譲渡した場合に 譲渡所得の計算上3,000万円までの特別控除額を控除することができる特例です …

「相続財産に係る譲渡所得の課税の特例」と「空き家売却の特別控除」との重複ルール ~ 空き家売却の3,000万円特別控除⑭

  空き家売却の3,000万円特別控除とは 相続により被相続人の居住用財産を取得した相続人が、被相続人の居住用財産を譲渡した場合に、譲渡所得の計算上3,000万円までの特別控除額を控除することができる特例です。 …

空き家売却とマイホーム売却の特別控除の重複ルール ~ 空き家売却の3,000万円特別控除⑬

    空き家売却の3,000万円特別控除とは 相続により被相続人の居住用財産を取得した相続人が、被相続人の居住用財産を譲渡した場合に、譲渡所得の計算上3,000万円までの特別控除額を控除することがで …

相続があった日から3年後の年末までの間に売却する必要があります ~ 空き家売却の3,000万円特別控除⑫

  この特例は 相続により被相続人の居住用財産を取得した相続人が、被相続人の居住用財産を譲渡した場合に、譲渡所得の計算上3,000万円までの特別控除額を控除することができる特例です。   譲渡の際には次のことに …

土地だけを相続した相続人には適用がありません ~ 空き家売却の3,000万円特別控除⑪

  この特例は 相続により被相続人の居住用財産を取得した相続人が、この居住用財産を譲渡した場合に、譲渡所得の計算上3,000万円までの特別控除額を控除することができる特例です。   相続の際には次のことに注意し …

市町村が発行する「被相続人居住用家屋等確認書」とは~ 空き家売却の3,000万円特別控除⑩

  この特例は 相続により被相続人の居住用財産を取得した相続人が、被相続人の居住用財産を譲渡した場合に、譲渡所得の計算上3,000万円までの特別控除額を控除することができる特例です。   「被相続人の …

特例適用を受けるためには被相続人居住用家屋等確認書などが必要です~ 空き家売却の3,000万円特別控除⑨

  この特例は 相続により被相続人の居住用財産を取得した方が、一定の要件を満たす被相続人の居住用財産を譲渡した場合に、譲渡所得の計算上3,000万円までの特別控除額を控除することができる特例です。   …

「相続により取得した空き家の譲渡所得」の特例適用チェックポイント ~ 空き家売却の3,000万円特別控除⑧

  この特例は 相続により被相続人の居住用財産を取得した方が、一定の要件を満たす被相続人の居住用財産を譲渡した場合に、譲渡所得の計算上3,000万円までの特別控除額を控除することができる特例です。   …

相続により取得した空き家の譲渡所得3,000万円特別控除の特例【基本ルール】 ~ 空き家売却の3,000万円特別控除⑦

  相続した空き家を売却して、一定の条件を満たした場合に、譲渡所得から3,000万円を控除できる特例が平成28年4月に導入されています。 根拠条文は租税特別措置法第35条(居住用財産の譲渡所得の特別控除)の第3 …

1 2 »

ご挨拶

井上寧税理士事務所のホームページにご訪問ありがとうございます。
当事務所は、税務に熟知した公務員出身の井上寧が代表の税理士事務所です。
個人・法人問わず、お悩みがあればお気軽にご相談ください。
井上寧税理士

井上寧税理士事務所概要

〒564-0082
大阪府吹田市片山町3丁目37番19号
営業時間:9:00~17:00
営業日 :月曜日~金曜日
お気軽にお問合せください。

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 井上寧(やすし)税理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.