井上寧 NEW DAY BLOG 新着
  • HOME »
  • 井上寧 NEW DAY BLOG 新着 »
  • 税金(相続・贈与・資産)

税金(相続・贈与・資産)

事業を廃止し、店舗兼住宅を居住用のみとして建物を使用する場合の配偶者居住権の取扱い ~ 贈与や相続・譲渡など資産税[11]

  資産税のうち「配偶者居住権」の記事を紹介します。   今回は   事業を廃止し、店舗兼住宅を居住用のみとして建物を使用する際の配偶者居住権の取扱い   を紹介します。   配偶 …

配偶者居住権の対象となる建物を、その後に配偶者が取得した場合 ~ 贈与や相続・譲渡など資産税[10]

  資産税のうち「配偶者居住権」の記事を紹介します。   今回は   配偶者居住権の対象となる建物を、その後に配偶者が取得した場合について   を紹介します。   配偶者居住権とは …

配偶者居住権の対象となる建物が共有の場合 ~ 贈与や相続・譲渡など資産税[9]

  資産税についての記事を紹介します。   「配偶者居住権の対象となる建物が共有の場合は注意が必要です」   を紹介します。   配偶者居住権とは(ざっくりと)   配偶者が相続開 …

それぞれ子どもがいる高齢者同士が再婚した場合の「配偶者居住権」の利用方法~ 贈与や相続・譲渡など資産税[8]

  資産税についての記事を紹介します。   配偶者居住権の利用方法「それぞれ子どもがいる高齢者同士が再婚した場合」   を紹介します。   配偶者居住権とは(ざっくりと)   配偶 …

“配偶者居住権はメリットよりデメリットの方が大きい” ~ 贈与や相続・譲渡など資産税[7]

  資産税についての記事を紹介します。   “配偶者居住権は配偶者の死亡により権利が消滅することを利用する節税術としてのメリットより、デメリットの方が大きい”   を紹介します。   配偶者 …

離婚により住宅ローン付きのマンションを、夫が妻に残産分与しました。妻の税金はどうなりますか? ~ 贈与や相続・譲渡など資産税[6]

  資産税についての記事を紹介します。   “離婚により妻がマンションを財産分与で取得します。妻は残ローンを引き受けます。妻の課税はどうなりますか?”   を考えます。     財産分与で取 …

離婚により住宅ローン付きのマンションを、夫が妻に残産分与しました。夫の税金はどうなりますか? ~ 贈与や相続・譲渡など資産税[5]

  資産税についての記事を紹介します。   “離婚により夫が妻に住んでいたマンションを財産分与することになりました。妻は残ローンを引き受けます”   このケースの場合、夫(A)の課税はどうな …

離婚により住宅ローン付きの自宅を、妻に財産分与しました。妻は住宅ローン控除をうけられますか? ~ 贈与や相続・譲渡など資産税[4]

    資産税についての記事を紹介します。   離婚による財産分与で妻が住宅ローン付きの自宅を取得した場合   “住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)の適用をうけることができるか …

「妻と離婚することになり、自宅を妻に残産分与しました。慰謝料として渡したとしても」譲渡所得の申告は必要になります ~ 贈与や相続・譲渡など資産税[3]

  資産税についての記事を紹介します。   不動産を分与(所有権移転)した場合には、その時の不動産の時価で譲渡が行われたことになります   したがって、その不動産の時価を譲渡価額として譲渡所 …

長男がすべての財産を相続するかわりに、次男に従来から所有していた長男の土地を引き渡した場合に、譲渡所得が発生します ~ 贈与や相続・譲渡など資産税②

  税法では、日常の感覚では理解しづらい取扱いがおこります。 たとえば   母親の相続財産の遺産分割において 長男がすべての財産を相続するかわりに、長男が従来から所有していた土地を代償財産として、他の相続人(次 …

1 2 3 15 »

ご挨拶

井上寧税理士事務所のホームページにご訪問ありがとうございます。
当事務所は、税務に熟知した公務員出身の井上寧が代表の税理士事務所です。
個人・法人問わず、お悩みがあればお気軽にご相談ください。
井上寧税理士

井上寧税理士事務所概要

〒564-0082
大阪府吹田市片山町3丁目37番19号
営業時間:9:00~17:00
営業日 :月曜日~金曜日
お気軽にお問合せください。

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 井上寧(やすし)税理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.