• 介護事業スタート・サポートパック

私の役割は、お客様に信頼、信任され喜んでいただくことです

井上寧税理士事務所の代表の井上寧(やすし)は、公務員出身の税務に熟知した税理士です。税理士という職業を通じて社会貢献したい、自身の知識と経験を社会還元したいという思いで吹田市に税理士事務所を開業しました。

企業者および納税者に、信頼、信任され喜んでいただくことが、会計・税務の専門職としての私の役割だと思っております。

吹田市内で介護事業の起業を目指されている方を支援します

吹田市は全国でも開業率が非常に高い地域です。また、高齢化に伴う日本の社会的課題に対して会計・税務専門職としての社会的役割を果たしたいと考えております。吹田の地域経済の発展のため、また、これから介護事業を開業、拡大していきたいと考えている方の支援をしていきます。

井上寧税理士事務所
Certified Public Tax Accountant Office

ブログ

「前払金の保全措置を講じる義務がある有料老人ホームの対象が拡大」~地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の改正

改正においては、有料老人ホームの入居者保護のための施策が新設されています。その中から今回は「前払金の保全措置を講じる義務があるホームの対象が拡大」を紹介します。   今後は対象外だった2006年3月31日以前に …

会社設立後に必要な手続きと必要書類~「青色申告の承認申請書」(メリットがいっぱい)も忘れずに提出

前週の水曜日から「会社設立後に必要な手続き」を紹介しています。 前回は「法人設立届」。今回は「青色申告の承認申請書」を紹介します。   青色申告の承認申請書は3月以内に提出する 会社の場合にも、個人と同じで青色 …

「都道府県に有料老人ホーム情報一覧表の公開の義務化」を新設~地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の改正

改正においては、有料老人ホームの入居者保護のための施策が新設されています(上図は厚生労働省の資料から)。その中から今回は 「都道府県に有料老人ホームの情報一覧表の公開を義務づける」を紹介します。 有料老人ホームは未届けで …

子供が親から住宅資金をもらった場合の贈与税の非課税~〝住宅取得等資金贈与の特例〟をご存じですか

前回、子供がマイホームを購入する際に、親からの住宅資金の援助の方法を考えました。その中で贈与税の非課税を紹介しました。 今回は詳しく「住宅取得等資金贈与の特例」を紹介いたします。 月曜日は、これからマイホームの購入や売却 …

中小企業等経営強化法に基づく介護事業の経営力向上計画を策定して経営強化を図りませんか?

先日、経済産業省近畿経済産業局で中小企業等経営強化法の説明会に参加し、手続き概要や税制特例措置、対象設備の確認手続きなどの説明を受けました。 説明を担当された産業部創業・経営支援課の麻野課長補佐は、好感度が高く強化法の制 …

「悪質な有料老人ホームへの業務停止命令」を新設~地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の改正

改正においては、有料老人ホームの入居者保護のための施策が新設されています。その中から「悪質な有料老人ホームに対する業務停止命令を新設」を紹介します。 改正前では都道府県知事は必要な場合に改善命令を出すことができます 老人 …

結婚20年記念の妻へのプレゼントを考えてみてはいかがですか?~「無税となる配偶者控除特例」

今回は「夫から妻へ、または妻から夫へ、夫婦間の贈与で、その贈与財産が居住用不動産などの場合は贈与税が無税」の規定をお伝えします。 金曜日のブログでは、いざそのときに慌てないために相続税や相続に関する知識を分かりやすく …

地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の改正~介護保険と障害福祉に共生型サービスを創設

前回に続けて、改正案のポイントである「地域共生社会に向けた取り組みの推進」の中の「共生型サービスの創設」を紹介します。 共生型サービスとは 介護保険サービスと障害福祉サービスの両方に創設されるもので、高齢者、障 …

ご挨拶

井上寧税理士事務所のホームページにご訪問ありがとうございます。
当事務所は、税務に熟知した公務員出身の井上寧が代表の税理士事務所です。
個人・法人問わず、お悩みがあればお気軽にご相談ください。
井上寧税理士

井上寧税理士事務所概要

〒564-0082
大阪府吹田市片山町3丁目37番19号
営業時間:9:00~17:00
営業日 :月曜日~金曜日
お気軽にお問合せください。

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 井上寧(やすし)税理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.