第6期吹田市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画というものがあります

老人福祉法・介護保険法に基づき、介護保険サービス等が効果的に提供できるように、市が計画を定めます。第6期計画は2015年度~2017年度の3年間を計画期間としています

毎火曜日は、この計画の内容をみていきます。

前回は、サービス整備圏域別地域密着型サービス必要量は、市内では千里ニュータウン・万博・阪大地域とJR以南地域で、そのサービス見込量が大きいことが分かりました。

今回は、吹田市内の居宅サービスの実績とこれからの見込(推計)を見ていきたいと思います。

居宅サービスの利用実績は?

実績が計画値を上回っている順番に、居宅サービスを示すと次のとおりです。

〇2012年度実績(利用実績/計画値)

①訪問看護    123,725回/  75,650回  163.5%

②訪問介護    744,967回/638,664回  116.6%

③訪問リハビリテーション  21,224回/ 18,443回    115.1%

(他のサービスは省略)

〇2013年度実績(利用実績/計画値)

①訪問看護    144,217回/ 78,488回  183.7%

②訪問リハビリテーション  24,489回/ 19,443回   126.0%

③訪問介護    829,269回/674,784回  122.9%

(他のサービスは省略)

居宅サービス全体としては、実績が計画値を上回っていますが、特に訪問看護は計画値を大きく上回っています。訪問リハビリテーションを含めると医療面に関する専門的なサービスの需要が多いことが分かります。

今後の居宅サービスの必要量(見込量)は?

必要量(見込量)の多い順番に、居宅サービスを示すと次のとおりです。

〇2025年度見込

①短期入所療養介護  21,199日/年  229.8%(2015年度と比較して)

②訪問介護      398,291回/年     211.8%(   同 上   )

③訪問リハビリテーション   62,830回/年  206.7%(   同 上   )

 

在宅医療の需要を踏まえて、医療的依存度が高く、介護やリハビリテーションが必要な利用者を対象としたショートステイである短期入所療養介護サービスの需要が高まると推計しています。

 

介護事業の会計・税金・経営に関するご質問・ご相談については、介護事業サポートの窓口から電話やメールでお気軽にご予約ください。初回相談は無料です。