金曜日は、相続税や贈与税について紹介しています。前回は「特別受益の持ち戻し」

今回は「遺言書の必要性」を考えます。

 

「遺言」とは、故人の意思を整理し、それらを相続人に言い残すことです。

しかし、誰でも作りたくないですよね。自分の死後を考えることも気が進まないですし、自分の家族は“争続”にならない、大丈夫だと思いたいですから。

 

しかし、被祖続人や相続人の状況によっては、遺言書がある方がよいケースがあります。

そうした事例を紹介します。

 

そのようなケースに当てはまる方は、構えずにエンディングノートを作成するような気持ちで、家族のひとりひとりを思って、ご自身の気持ちを伝えられたらどうでしょう。

 

それと遺書と遺言書とは相違します。

どちらも、家族などへのメッセージとういう点では同じですが、遺言は財産の相続や処分子どもの認知など法理的効果を意図して、遺言者の意思で書くものです。

 

遺言書については被相続人に関して言えば、次のようなことができます

・相続人に相続させる財産の指定ができます。

「この土地は長男にあげたい」「この株式は妻にあげたい」といった相続させる財産の指定ができます。世話になった相続人に多くの財産を残すように指定することができます。

・相続人以外にも財産を残すことができます。

例えば、内縁の妻である配偶者や介護や看護で世話になった子どものお嫁さんは相続人ではありませんが、遺言によって財産の一部を残すことができます。

 

では、遺言書を残した方が良いケースとは、次のとおりです。

相続人が被相続人の遺産内容を知らない場合

相続人が被祖続人のすべての財産の状況を分かっていないケースがあります。

 

②再婚した相手に連れ子がいる場合

生前に養子縁組をしていない場合には、遺言で遺贈すれば、連れ子に遺産の一部をあげることができます。

・「子どもがいる女性が再婚した場合の相続を考えます」のケース(9/15)

 

③夫の兄弟姉妹が相続の権利を主張する場合

遺言書を作成しておけば夫が万が一の場合でも、夫の兄・姉の承諾なしですべての遺産を妻が相続できます。

・「夫の兄弟姉妹が相続する権利を主張」のケース(9/22)

 

④配偶者やこどもがいない場合

・「配偶者やこどもがいない方の相続?」のケース(10/13)

 

④例えば、面倒を見てくれた同居の息子の嫁がいる場合

・「面倒を見てくれていた同居の息子の嫁がいても、相続権はありません」のケース(10/6)

 

⑤兄弟姉妹の仲が悪い場合など

 

なぜ、遺言書があれば“争続”トラブルを回避できるのか?

残された方の多くは、遺産分割が多少不満でも故人の遺志に反してまで争おうとしないからだと思います。

 

次回11/17(金)は、「遺言書の方式とメリット」をご紹介します。

 

相続や相続税でお悩みことは、一人一人の方で異なります。分からないことがたくさんあると思います。気になっていることは、信頼できる専門家に相談されることをおすすめします。

相続や相続税に関することで気になることがあれば、電話やメールでお気軽にご相談ください(来所していただける場合は初回無料です)。

 

 

月曜日は開業者予定者や創業者を対象に、次の記事を連載しています。

・「開業の基礎知識~初めて開業する方に、税理士からお伝えします」

 

水・金曜日は次のとおり税務記事を紹介しています。

 

水曜日は「同族会社とその役員の手引き」

金曜日は「いざそのときにあわてないための相続税や贈与税に関する知識」

・「『特別受益の持ち戻し』は公平な相続を行うための気が利いた制度ですが、もめる原因ともなります」はこちら(11/3」

・「遺産を分ける中で難しい『介護や世話の評価』」もめる原因に一番なりやすい」はこちら(10/27)

・「遺産を相続人で分ける場合、個々の財産は『中身が違います』し、『時価が違います』し、『財産上のリスクが違います』平等は難しい」はこちら(10/20)

 

土曜日は起業者を対象に、次のような“会計”の記事を紹介しています。

「“会計”に挫折した起業者の方を対象に、起業者の会計超理解ハンドブック」

 

日曜日は贈与税の特例制度の注意点を紹介しています。

「住宅取得等資金の贈与税の非課税の誤りやすい事例」

 

火・木曜日は、「介護事業の基礎知識バージョンアップ゚編」として、記事を紹介しています。

 

「介護事業の基礎知識バージョンアップ編」は、ケアビジネスに関心がある方やこれから介護事業の経営に取り組まれようと考えられている方を対象に、介護事業に関する基本的で重要な事項を紹介する内容にしています。

 

最近よく読まれている記事

・「平成30年度介護報酬改定まで、あと4か月およびそのスケジュール感」はこちら(8/17)