土曜日は、経営者の方が自社の決算書の数字を理解して、経営に活かせる“会計”の考え方を解説しています。21回目です。

前回、貸付金を紹介しました。今回は役員貸付金を紹介します。

 

中小企業の貸付金の中で、最も多いのが社長への貸付金です

 

引き出した現金を、役員個人の支払に利用したり、資金の使途が不明だったりした場合、役員貸付金として処理する場合があります

 

役員貸付金は少額であれば問題になることはありませんが

大きな金額になると、会社から社長に貸し付けたお金の使い道について、銀行など金融機関が照会してきます。

その際に、明確な理由を回答できれば問題はありませんが、通常は合理的な理由を説明することは困難です。

 

ようするに、次のとおり役員貸付金はデメリットしかありません

■法人と個人の区別・管理がつかず、不適正な会計処理の温床になってしまいます。

■事業資金が役員に回っているととらえられ、金融機関からの会社の評価が下がります。

■貸付金の返済の見込がないと、資産価値はゼロ評価になります。実態貸借対照表で見ると債務超過と判断されます。

 

したがって、役員貸付金の早期の解消をおすすめします

現実的な対応策は、毎月、役員報酬の中から役員貸付金を分割して返済していくことが一番です。その返済額に相当する部分が差し引かれ、手取額が減少するのがデメリットです。しかし、返済のために役員報酬を増加すれば、社長個人の社会保険料や所得税・住民税の負担が増加します。

 

役員貸付金には、次のような様々な解消方法があります。いずれも適切な方法とはいえません

 

①会社が貸付金の返済を放棄して、貸し倒れ処理します。

社長の役員賞与となり所得税等の税負担が増加します。貸し倒れは損金不算入になり、会社の所得が増加します。

②社長が個人資産を売却して返済します。

社長の売却益に、所得税や住民税が課税されます。

③社長個人が借入をして貸付金を精算します。

社長の債務が増えます。

 

このように、役員貸付金は簡単に解消することはできません。役員貸付金を発生させないことをおすすめします。

 

経営者は「お金の動きを通して会社の状態を把握し、経営をコントロールする」ことをおすすめします。

 

Every day is a new day!

今日も夏の1日を元気にお過ごしください。

 

経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方

① 借入金の返済に必要なもうけはいくらですか?

② 決算書の全体像をイメージする

③ 売上高はどう読むか?3~5年程度の推移の中で判断しましょう

④ 売上総利益は率をチェックしましょう。大切なことが分かります

⑤ 会計では売上原価と在庫はセットで考えます。在庫は要注意

⑥ 粗利率ではなく粗利益(売上総利益)でみる

⑦ 販管費とは営業にかかった費用のことをいいます。 

⑧ 交際費は年間800万円までが経費になります。 

⑨ 本来の事業でどれだけ稼げているか?がわかるのが営業利益。 

⑩ 価値を減じて償却する。減価償却費とは何か

⑪ 経常利益・略してケイツネはPLの中で最も重要な利益

⑫ PLの中の5つの利益のうち、4つめの利益が税引前当期純利益

⑬ 5つめの利益が当期純利益。会社が1年間で得た最終的な利益です

⑭ 貸借対照表の見方~お金の動かしやすいものから、上から順にならびます

⑮ 流動資産の3つの区分~資産でないものが含まれています

⑯ 固定資産は使い続けることで利益を生み出す資産です

⑰ 固定資産が償却不足になっていませんか

 土地の価額は、資産価値の実態を反映していますか?

⑲ 販管費のうちの人件費。ポイントになるのは「役員報酬」です

⑳ 貸付金に回収のあてのないものが隠れていませんか

 

土曜日は「会計」を紹介しています。

ブログ記事はhttps://www.y-itax.com/category/keiri/

 

会計超理解ハンドブック(No1~No17)

① 会計の勉強を始めたが…

② 財務三表とは?

③ 損益計算書は5つの“利益”だけ覚えてください

④ 損益計算書は前期と比較する

 貸借対照表は三つの箱で理解する!

⑥ 貸借対照表は五つの箱で考える。

⑦ 貸借対照表で現金を増やす方法がわかる。 

⑧ キャッシュフロー計算書は資金繰り表です

 ⑨ 減価償却費って何ですか

 ⑩ 利益は出ているけれど、黒字倒産はなぜ起こる

⑪ 決算書はどう読むか?貸借対照表のチェックポイントは純資産です

⑫ 貸借対照表のチェックポイント「固定資産と純資産」です。

⑬ C/F計算書のチェックポイントは「営業キャッシュフロー」です

⑭ 貸借対照表は2期分ならべて比べる。  

⑮ 利益の増加とは、自力で資金調達していることと同じです。   

⑯ 毎月、試算表を作成して活用する!

⑰ 月次の試算表から、資金繰りを把握する方法

 

ブログは曜日により、次のようにテーマを決めて書いています。

・月曜日は「開業の基礎知識~初めて開業する方に、税理士からお伝えします」

・火・木曜日は「平成30年度介護報酬改定の重要事項」

・水曜日は「事業承継・税理士の視点」

・金曜日は「相続税ついてわかりやすく!」

・土曜日は「経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方」

・日曜日は「贈与税をわかりやすく!」