井上寧 NEW DAY BLOG 新着
  • HOME »
  • 井上寧 NEW DAY BLOG 新着 »
  • 介護事業

介護事業

介護事業を考えるときの視点「医療・福祉サービスの改革」とは ~ 2040年問題⑤

  介護人材不足が深刻化するため、①健康寿命の延伸、②医療・福祉サービスの改革、③多様な就労・社会参加の分野で検討が進んでいます。   つまり、介護人材不足を踏まえて、「①健康寿命の延伸」、「②医療・ …

2040年に向けて介護事業を考えるときの視点「健康寿命の延伸」とは ~ 2040年問題④

  介護人材不足が深刻化すると考えられています。次の3つの分野で対策が検討されています。3つの分野とは「①健康寿命の延伸」、「②医療・福祉サービスの改革」、「③多様な就労・社会参加」です。   つまり …

「ポスト2025年」2040年に向けて介護事業を考えるときの視点 ~ 2040年問題③

  2040年までの医療・介護市場の需要は、医療需要は横ばい・減少、介護需要が増加します。しかし、国内の生産年齢人口の減少に伴い、現在の就労形態が続くと就業者数は減少します。 増加する介護需要を満たすための医療 …

介護サービスの利用者数は2040年度までに約1.5倍に増える見込です ~ 2040年問題

  「2040年問題」とは、①高齢世代の高齢化、②団塊ジュニアの高齢化(65歳以上)という人口構造の変化により、日本の社会に新たな問題が生じることです。 それを「問題」ととらえるか、「変化」ととらえるかで、考え …

「2040年問題」と介護保険制度地域支援事業の「生活支援サービス」へのニーズの増加

  いわゆる「2040年問題」とは   ■高齢世代の高齢化 2040年には、85歳以上人口が高齢人口の3割近くになり、高齢世代がさらに高齢化します。 ■団塊ジュニアの高齢化(65歳以上) 2040年に …

介護だけではなく、看護や障害福祉サービスの業務を兼業している職員がいる場合 ~ 介護職員等特定処遇改善加算㉑

    2019年10月の消費税率の10%への引き上げとともに、新加算が創設されています。   新加算は「介護職員等特定処遇改善加算(以下「特定加算」)」です     特 …

事業所内で働く介護職員がすべて「経験・技能のある介護職員」である場合 ~ 介護職員等特定処遇改善加算⑳

  2019年10月の消費税率の10%への引き上げとともに、新加算が創設されています。 新加算は「介護職員等特定処遇改善加算(以下「特定加算」)です。   特定加算について 配分対象と配分方法は、賃金 …

「特定加算」の算定単位、法人単位、事業所単位 ~ 介護職員等特定処遇改善加算⑱

  2019年10月の消費税率の10%への引き上げとともに、新加算が創設されています。 新加算は「介護職員等特定処遇改善加算(特定加算)」です   算定にあたっては次のような特例があります。   複数 …

「介護職員等特定処遇改善加算」配分ルールを決めるまでの6ステップ ~ 介護職員等特定処遇改善加算⑱

  2019年10月の消費税率の10%への引き上げとともに、新加算が創設されています。 新加算は「介護職員等特定処遇改善加算」です。 新加算は10月からスタートします。新加算を10月から取得するためには、8月末 …

配分対象と配分ルール「既に賃金が年額440万円以上の者がいる場合」~ 介護職員等特定処遇改善加算⑰

  2019年10月の消費税率の10%への引き上げとともに、新加算が創設されています。 新加算は、「介護職員等特定処遇改善加算」です。   この特定加算について、その配分ルールの中で、注意したいルールを紹介して …

1 2 3 26 »

ご挨拶

井上寧税理士事務所のホームページにご訪問ありがとうございます。
当事務所は、税務に熟知した公務員出身の井上寧が代表の税理士事務所です。
個人・法人問わず、お悩みがあればお気軽にご相談ください。
井上寧税理士

井上寧税理士事務所概要

〒564-0082
大阪府吹田市片山町3丁目37番19号
営業時間:9:00~17:00
営業日 :月曜日~金曜日
お気軽にお問合せください。

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 井上寧(やすし)税理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.