井上寧(やすし)税理士事務所井上寧(やすし)税理士事務所

一からはじめる会計のお手伝い。スタートアップの志を支える税理士。
Blog丁寧解説お役立ちブログ。
2021.07.14.Wed | こう考えています

月次支援金のオンライン申請を始める前に、申請要領の4箇所をチェックします。ざっくりと理解できます ~ 新型コロナウイルス[57]



今回は



申請要領とオンライン申請の手順書を読んだあと、申請手続きするのがベストです。しかし、その前に手続きのポイントを理解してからの方がストレスが少なく、うまくいきます



を紹介します。



自社・事業者が月次支援金に該当し、登録確認機関から事前確認を受けた後、マイページから申請を行うわけです。

しかし、個人事業者の月次支援金のオンライン申請の手順書は99ページ、申請要領は79ページ。法人のオンライン申請の手順書は123ページ、申請要領は92ページです。

かなりのボリュームがあります


じつは、申請要領のうち次の4箇所に、先に目をとおしておくと全体がわかりやすくなります


たとえば、個人事業主でいえば




1 まず申請要領の4ページを見ます


「1. 月次支援金の概要(2)給付対象及び保存書類の概要」です。

自分が給付対象かどうか?準備しなければならない保存書類(区分がわかります)は何か?について、次のチャートで確認します。







2 次に申請要領の14ページを見ます


「2. 月次支援金の詳細(5)申請手続きの詳細(申請パターン)」です。

申請パターンが3つありますので、次のチャートから自分がどのパターンになるのか判定します。






3 次に申請要領の15ページを見ます


パターンが決まれば、そのパターンに応じた申請手続きと証拠書類をざっくりと確認します







4 最後に申請要領の29ページを見ます


申請に必要な証拠書類を確認します。その書類を準備します。










上の4頁を先に読んでおくと、ご自分の申請までの手続きと準備する必要な書類がざっくりと理解できます。



一度、ためしてみてくださいね。



(出所:中小企業庁HP)




変化を探し、変化に対応し、変化を機会として利用する(ピーター F.ドラッカー)

Every day is a new day!

初夏の1日を朗らかにお過ごしください。




火曜日の「消費税」はお休みしました。







ブログは曜日により、次のようにテーマを決めて書いています。



・月曜日は「創業者のクラウド会計

・火曜日は「消費税

・水曜日は「消費税

・木曜日は「経理・会計」

・金曜日は「贈与や相続・譲渡など資産税

・土曜日は「創業者のクラウド会計

・日曜日はテーマを決めずに書いています。






免責


ブログ記事の内容は、投稿時点での税法その他の法令に基づき記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。

カテゴリーで絞る
back記事一覧へ戻る

まずはお気軽にお問い合わせください

06-6318-7726

営業時間:9:00~17:00(月曜日~金曜日)

メールでのお問い合わせ