「創業者のクラウド会計」の記事です。

クラウド会計を活用し、会計データを整理し、効率的に記帳をすることをおすすめしています。

 

今回は

 

ファイルボックスに取り込んだレシートを連続して取引登録します

 

を紹介します。

 

freeeには4つの記帳方法があります

 

①明細取り込み入力・自動で経理(仕訳登録を自動化)

②Excel入力(Excelデータを利用します)

③証憑取り込み入力(ファイルボックス)

④出納帳形式入力(連続取引登録)

 

4つの記帳方法とは次のイメージです。下にいくほど手作業の割合が多くなっています。

 

手作業の割合が多くはなりますが、「④出納帳形式入力(連続取引登録)」はせざる得ないケースがあります。

 

 

 

 

しかし、この場合でもファイルボックスに取り込んだレシート(画像データ)を使って連続して取引を記帳することができます。

 

ファイルボックスから1件ずつ記帳するよりも、大量にデータを取り込んだ場合は、連続取引登録の方が効率的に記帳できます。

 

 

 

連続取引登録の方法は次のようにおこないます

 

①メニュー「取引」→「連続取引登録」を開きます。次のような画面が表示されます。

 

 

 

 

②現在選択している証憑と未記帳の証憑一覧が次のように表示されます。

 

 

 

 

③証憑を選択し、OCR結果を確認します。仕訳情報を入力します。

 

 

 

 

④OCRにより取り込んだ画像内の文字を自動認識し、仕訳情報として入力されます。

 

OCRによる認識は、100%ではありません。確認は必要です。

 

 

 

 

⑤記帳中の仕訳について、次のような操作ができます。

 

・レシートに「コメント」をつけます。

・「スキップ」してレシートをとばします。

・「無視」してレシートをとばして、とばしたレシートを次回以降、非表示にします。

 

 

 

 

 

(出所:freeeヘルプセンターマニュアル)

 

 

関連記事

 

・ 領収書などの紙のデータをファイルボックスに取り込み、取引登録できま

・ 領収書をファイルボックスに取り込んだ後、原本の保管はどうしますか

 レシートをファイルボックスに取り込んだあと、取引登録をします

 

 

 

変化を探し、変化に対応し、変化を機会として利用する(ピーター F.ドラッカー)

Every day is a new day!

秋の1日を元気にお過ごしください。

 

 

創業者には、事業を着実に成長させるために、決算書の会計データを計器盤として利用することをおすすめしています。次のようなサービスを提供しています。

 

創業起業サポート

 

 

「創業のための基礎知識」~初めて開業する方に、必要な準備や基礎知識を税理士からお伝えしています。

 

https://www.y-itax.com/category/sogyo/

 

 

ブログは曜日により、次のようにテーマを決めて書いています。

 

・月曜日は「開業の基礎知識~創業者のクラウド会計

・火曜日は「介護事業」

・水曜日は「消費税」

木曜日は「知っておきたい法人節税策の基礎知識」

・金曜日は「贈与や相続・譲渡など資産税」

・土曜日は「開業の基礎知識~創業者のクラウド会計」

・日曜日は、テーマを決めずに書いています。

 

免責

ブログ記事の内容は、投稿時点での税法その他の法令に基づき記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。