井上寧 NEW DAY BLOG 新着
  • HOME »
  • 井上寧 NEW DAY BLOG 新着 »
  • 税金(法人)

税金(法人)

建物保有方式において、個人が賃貸建物を法人に売却するとき税務上注意すべきこと ~ 「土地の無償返還に関する届出書」とは何ですか⑲

  木曜日は、法人税の記事を掲載しています。 前回に引き続き、個人の土地にある建物を、法人が保有する形態を紹介します。 「土地」:個人、「建物」:法人、のパターンです。   つまり 法人は、個人から個 …

賃貸建物を法人に売却する際、建物の時価と消費税に注意します ~ 「土地の無償返還に関する届出書」とは何ですか⑱

  木曜日は、法人税の記事を掲載しています。 前回に引き続き、個人の土地にある建物を、法人が保有する形態を紹介します。 「土地」:個人、「建物」:法人、のパターンです。   つまり 法人は、個人から個 …

個人の土地の上にある建物を、法人が保有するスキーム(建物保有方式)~ 「土地の無償返還に関する届出書」とは何ですか⑰

  木曜日は、法人税の記事を掲載しています。   賃貸建物を法人化します。個人の土地にある建物を、法人が保有する形態を紹介します   土地:個人 建物:法人 のパターンです。   …

小規模宅地等の特例を受ける「貸付事業用宅地等」の税額軽減の具体例~ 「土地の無償返還に関する届出書」とは何ですか⑯

  木曜日は、法人税の記事を掲載しています。 使用貸借となっている土地は、事業の用に供されていません   つまり 「貸付事業用宅地等」に該当しませんので、小規模宅地の特例の適用受けることができません …

小規模宅地の特例の適用を受けることができる「貸付事業用宅地等」とは ~ 「土地の無償返還に関する届出書」とは何ですか⑮

  木曜日は、法人税の記事を掲載しています。 土地所有者が土地を貸している場合に、相続があったときに小規模宅地等の特例を受けることができると、相続税の負担を軽減することができます。 つまり 土地が「貸付事業用宅 …

小規模宅地の特例の適用受けることができる「特定同族会社事業用宅地等」とは ~ 「土地の無償返還に関する届出書」とは何ですか⑭

  木曜日は、法人税の記事を掲載しています。 土地所有者が関係法人に土地を貸している場合に、相続があったときに小規模宅地等の特例を受けることができると、相続税の負担を軽減することができます。 つまり 土地が特定 …

貸し付けた土地に小規模宅地等の特例を適用した場合と適用できなかった場合 ~ 「土地の無償返還に関する届出書」とは何ですか⑬

  木曜日は、法人税の記事を掲載しています。 土地所有者が関係法人に土地を貸している場合に、相続があったときに小規模宅地等の特例を受けることができると、相続税の負担を軽減することができます。 つまり 土地が特定 …

小規模宅地等の特例で失敗しない、同族会社への土地の貸付~ 「土地の無償返還に関する届出書」とは何ですか⑫

  木曜日は、法人税の記事を掲載しています。 土地所有者が関係法人に土地を貸している場合に、相続があったときに小規模宅地等の特例を受けることができると、相続税の負担を軽減することができます。 つまり、 土地が特 …

小規模宅地等の特例と「土地の無償返還に関する届出書」 ~ 「土地の無償返還に関する届出書」とは何ですか⑪

  木曜日は、法人税の記事を掲載しています。   土地所有者が関係法人に土地を貸している場合に、相続があったときに小規模宅地等の特例を受けることができると、相続税の負担を大きく軽減することができます。 &nbs …

土地の無償返還に関する届出書を提出した後も、税法以外の法律に注意します ~ 「土地の無償返還に関する届出書」とは何ですか⑩

  木曜日は、法人税の記事を掲載しています。  「土地の無償返還に関する届出書」に関する考え方を紹介しています。   個人と法人が当事者となっている次のような取引を想定します   契約:土地 …

1 2 3 12 »

ご挨拶

井上寧税理士事務所のホームページにご訪問ありがとうございます。
当事務所は、税務に熟知した公務員出身の井上寧が代表の税理士事務所です。
個人・法人問わず、お悩みがあればお気軽にご相談ください。
井上寧税理士

井上寧税理士事務所概要

〒564-0082
大阪府吹田市片山町3丁目37番19号
営業時間:9:00~17:00
営業日 :月曜日~金曜日
お気軽にお問合せください。

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 井上寧(やすし)税理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.