サラリーマンの方が退職すると退職後の健康保険について、手続きが必要になります。

 

医療保険では、おもに会社勤めの従業員と家族が加入する「健康保険(社会保険)」、自営業者などが加入する「国民健康保険」の2つがあります。

つまり、退職後、健康保険については

 

任意継続健康保険または国民健康保険に加入する手続きが必要になります

 

どちらが有利でしょうか?

「健康保険の任意継続」とは

 

事業所を退職などで被保険者の資格を喪失したときに、個人の希望(意思)により、個人で継続して加入できる制度です。

 

任意継続の保険料について

 

任意継続の保険料は、退職時の標準報酬月額に基づいて決定され、保険料は原則2年間変わりません。扶養家族の方の保険料はかかりません。

 

一方、国民健康保険の保険料は

 

前年の所得などに応じて決定されます。国民健康保険の世帯人員数に応じて決定されます。

保険料の減免制度があります。保険者は市町村です。

 

「健康保険」と「国民健康保険」との違いは

 

■扶養の有無

社会保険の健康保険では、配偶者や親などの親族を扶養に入れることができます。被扶養者が複数人いても被保険者の健康保険料は変わりません。

一方、国民健康保険では、扶養の考え方はありません

 

■被保険者が負担する保険料

健康保険の場合、被保険者本人の年齢や収入を基準として保険料を計算します。保険料の支払いは被保険者だけでなく、事業所と折半になります。

一方、国民健康保険の場合は、各世帯の加入者、収入、年齢を基準として保険料を計算します。

 

先日、退職予定のサラリーマンの方から、

退職後の健康保険を「任意継続」とするか「国民健康保険」とするか?どちらが有利か

のご質問を受けました

 

令和2年3月に夫(57歳)が会社を退職予定。妻(55歳)は自営業者です。

各々の前年の所得は次のとおりです。

 

夫:給与収入5,000千円(給与所得3,460千円)

妻:事業収入8,000千円(事業所得3,400千円)ただし、開業2年目

開業1年目の青色繰越損失▲5,000千円あり。国民健康保険に加入。

 

A 夫が健康保険の任意継続を選択するケース

夫:保険料 35,760円/月×12月=429,120円

妻:国民健康保険料 9,000円/月×12月=108,000円

合計 537,120円

 

B夫が国民健康保険に加入するケース

夫・妻(世帯) 49,371円/月×12月=592,462円

(吹田市の国民健康保険料率で計算)

 

このケースでは夫が「健康保険の任意継続」を選択した方が有利となります。

 

しかし、すべての場合において任意継続のほうが有利なわけではありません。場合によっては、国民健康保険にしたほうが、保険料が安くなることもあります。ケースバイケースだと思います。

慎重に検討されることをおすすめします。

 

「介護事業の基礎知識~平成31年度介護報酬の改定」はお休みしました。

 

変化を探し、変化に対応し、変化を機会として利用する(ピーター F.ドラッカー)

Every day is a new day!

秋の1日を元気にお過ごしください。

 

 

創業者や経営者には、事業を着実に成長させるために、決算書の会計データを計器盤として利用することをおすすめしています。次のようなサービスを提供しています。

創業起業サポート 「創業者応援クラウド会計サービス」と「顧問相談クラウドサービス」

 

お伺いして、会計処理や税務の相談や提案などさせていただくサポートサービスを提供しています。

▶  税務会計顧問サービス

 

 

経理のキホン

現金勘定を使わない

預金通帳を活用します。ネットバンキングで記帳業務の効率化が進みます

会社員から個人事業主になった際、思っていたより高い国民健康保険料に驚いた

親の扶養内のアルバイト。「税金」と「社会保険」の壁

扶養内におさまる。パートで働く主婦の税金の「壁」

個人事業主がクレジットカード払いで商品を売り上げたとき

 

初心者向け決算書の読み方のキホン

「貸借対照表」がいまひとつわからない。貸借対照表の意味

 

ブログは曜日により、次のようにテーマを決めて書いています。

・月曜日は「開業の基礎知識~創業者のクラウド会計

・火曜日は「平成31年度介護報酬改定の重要事項」

・水曜日は「消費税」

・木曜日は「法人節税策の基礎知識

・金曜日は「相続税ついてわかりやすく!」

・土曜日は「経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方」

・日曜日は特にテーマを決めずに書いています

 

免責

ブログ記事は、投稿時点での税法等に基づき記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。