井上寧 NEW DAY BLOG 新着
  • HOME »
  • 井上寧 NEW DAY BLOG 新着 »
  • 経理・会計

経理・会計

自社の貸借対照表(B/S)は会社価値をあらわしています。純資産の合計がプラスになっていますか? ~ 簿記を勉強しなくても決算書がわかる[6]

  経営者にとって必要な“会計”を紹介していきます。 中小企業の経営者が自社の決算書の見方を理解して、それを経営に活かせる考え方を紹介していきます。   「貸借対照表(B/S)は会社価値をあらわしてい …

「実態バランスシート」が「債務超過」になっていないか?が最大のポイントです ~ 簿記を勉強しなくても決算書がわかる[5]

  経営者にとって必要な“会計”を紹介していきます。 中小企業の決算書の見方・考え方と会社の数字をざっくり理解して、借入や経営に活かせる会計の考え方を紹介します。 今回は   “「債務超過」がどうかは …

営業利益とは?会社が本業で稼いだ利益「営業利益」は黒字でないと? ~ 簿記を勉強しなくても決算書がわかる[4]

  経営者にとって必要な“会計”を紹介していきます。 中小企業の決算書の見方・考え方と会社の数字をざっくり理解して、借入や経営に活かせる会計の考え方を紹介していきます。   “「営業利益」とは、会社が …

B/SとP/Lのつながりをつかみましょう。貸借対照表と損益計算書が会社の事業活動をあらわすとはどういうことでしょうか?~簿記を勉強しなくても決算書がわかる[3]

経営者にとって必要な“会計”を紹介していきます。 中小企業の決算書の見方・考え方と会社の数字をざっくり理解して、借入や経営に活かせる会計の考え方を紹介していきます。   “貸借対照表と損益計算書は会社の事業活動 …

損益計算書で利益をあげ、貸借対照表の純資産に利益を貯め込む。そして、利益から借入金を返済します ~ 簿記を勉強しなくても決算書がわかる[2]

  経営者にとって必要な“会計”を紹介していきます。 中小企業の決算書の見方・考え方と会社の数字をざっくり理解して、借入や経営に活かせる会計の考え方を紹介していきます。   今回は “貸借対照表の純資 …

貸借対照表は2期分を比較して現金の増減の原因を考えます ~簿記を勉強しなくても決算書がわかる [1]

  経営者にとって必要な“会計”を考えていきます。 中小企業の決算書の見方・考え方と会社の数字をざっくり理解して、借入や経営に活かせる会計の考え方を紹介します。   決算書のうち、損益計算書は分かりや …

貸借対照表の仮払金は資産に計上されていますが、中身は「費用」です ~ 中小企業の「決算書」の読み方入㉑

  経営者にとって必要な“会計”を紹介しています。 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方を、経営者の方が会社の数字をざっくり理解して、融資や経営に活かせる会計の考え方を紹介していきます。   貸 …

前払金(まえばらいきん)前払費用(まえばらいひよう)はどう違うのか? ~ 中小企業の「決算書」の読み方入門⑳

  経営者にとって必要な“会計”を紹介しています。 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方を、経営者の方が会社の数字をざっくり理解して、融資や経営に活かせる会計の考え方を紹介していきます。   「 …

棚卸資産(たなおろししさん)とは、「在庫」のことです ~ 中小企業の「決算書」の読み方入門⑲

  経営者にとって必要な“会計”を紹介しています。 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方を、経営者の方が会社の数字をざっくり理解して、融資や経営に活かせる会計の考え方を紹介していきます。   会 …

「売掛金」とは?その意味と考え方・読み方 ~ 中小企業の「決算書」の読み方入門⑱

  経営者にとって必要な“会計”を紹介しています。 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方を、経営者の方が会社の数字をざっくり理解して、融資や経営に活かせる会計の考え方を紹介していきます。   今回は 貸借 …

1 2 3 14 »

ご挨拶

井上寧税理士事務所のホームページにご訪問ありがとうございます。
当事務所は、税務に熟知した公務員出身の井上寧が代表の税理士事務所です。
個人・法人問わず、お悩みがあればお気軽にご相談ください。
井上寧税理士

井上寧税理士事務所概要

〒564-0082
大阪府吹田市片山町3丁目37番19号
営業時間:9:00~17:00
営業日 :月曜日~金曜日
お気軽にお問合せください。

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 井上寧(やすし)税理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.