井上寧 NEW DAY BLOG 新着
  • HOME »
  • 井上寧 NEW DAY BLOG 新着 »
  • 経理・会計

経理・会計

中小企業の場合、銀行は経営者と企業を一体として判断します ~ 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方②

  中小企業の資金調達に役立つよう、中小企業が銀行から高く評価されるためのヒントを、金融庁が作成した中小企業融資編を参考にして、その考え方を紹介していきます。   「金融検査マニュアル別冊(中小企業融 …

銀行はいかに企業を評価するか?評価を上げて資金調達を有利にする方法~ 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方①

  中小企業の資金調達に役立つよう、中小企業が銀行から高く評価されるためのヒントを、金融庁が作成した中小企業融資編を参考にして、その考え方を紹介していきます。   金融検査マニュアルは廃止されると聞いています。 …

「経常(正常)運転資金の短期継続融資は何ら問題ない」~ 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方㊼

  中小企業が金融機関から資金調達するための「短期継続融資」について紹介します。   金融庁は平成27年1月に、「短期継続融資の趣旨の明確化」として、金融検査マニュアル別冊〔中小企業融資編〕に新たな事例(事例2 …

金融検査マニュアル別冊(中小企業融資編)の「事例20」短期継続融資~ 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方㊻

  中小企業が金融機関から資金調達するための「短期継続融資」について紹介します。   金融庁は平成27年1月20日に「短期継続融資」について、次のとおりアナウンスしています   ①短期継続融資について …

短期継続融資による経常運転資金の調達 ~ 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方㊺

  銀行の融資方法にも歴史があります。 バブル後、金融検査マニュアルに伴い、金融機関は中小企業への経常運転資金に約定弁済を求めるようになっていました。   経常運転資金の融資について   か …

借入金の返済額のうち元金は、損益計算書に計上されません! ~ 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方㊹

  銀行から借り入れをしていますと、毎月、返済金額が発生しています。その返済金額の内訳は元金と利息です。   返済金額と損益計算書と貸借対照表との関係を紹介します   次のような返済予定表が …

損益計算書「売上」のチェックポイント 月次試算表のチェック方法⑦ ~ 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方㊸

  月次試算表の損益計算書から業績をチェックする場合に、ポイントとなるのは売上です。 そのために「当期の売り上げ」と、比較する数値が必要となります。数字が具体性をもちます。   売上の数値を読む場合に …

損益計算書のチェックポイント「月次試算表のチェック方法」 ~ 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方㊷

  月次の試算表は、現金預金の残高からはじめて、最後はキャッシュフローをチェックします。これらのチェックで、貸借対照表の各科目をチェックすることになります。   貸借対照表の科目のチェックは次のとおり …

ここだけ見る!月次試算表のチェック方法。キャッシュフロー(資金繰り)をつかむ ~ 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方㊶

  月次試算表は、現金預金、利益剰余金、資産科目、負債科目の順に確認していきます。 そして 最後に月次試算表からキャッシュフロー(資金繰り)の状況を把握します   次のように行います。 図では、現預金 …

ここだけ見る!月次試算表のチェック方法。負債科目の買掛金と未払金 ~ 経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方㊵

  月次試算表は、現金預金、利益剰余金、資産勘定の順に確認していきます。   次に負債科目である「買掛金」と「未払金」をチェックします!   「買掛金」と「未払金」どちらも負債科目です &n …

1 2 3 8 »

ご挨拶

井上寧税理士事務所のホームページにご訪問ありがとうございます。
当事務所は、税務に熟知した公務員出身の井上寧が代表の税理士事務所です。
個人・法人問わず、お悩みがあればお気軽にご相談ください。
井上寧税理士

井上寧税理士事務所概要

〒564-0082
大阪府吹田市片山町3丁目37番19号
営業時間:9:00~17:00
営業日 :月曜日~金曜日
お気軽にお問合せください。

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 井上寧(やすし)税理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.