住宅の一部が災害により被害を受けました。その後、修繕をおこないました。

このケースで

 

すべての修繕費用が災害関連支出とならないケースがあります

 

 

災害関連支出には、原状回復費用が含まれます

 

災害により損壊した住宅等の取壊し費用などのほか、破損した住宅等を被災直前の状態に戻すための費用(原状回復費)も含まれます。

 

住宅の損失は雑損控除の対象となります

 

住宅は、生活に通常必要な資産であることから、その損失の金額は雑損控除の対象となります。

 

原状回復費は雑損控除の対象になります

 

原状回復のための支出は災害関連支出として損失の金額に含まれますので、災害により被害を受けた住宅等について行う原状回復のための修繕費用は雑損控除の対象となります。

 

資本的支出部分は損失には含まれません

 

しかし、災害により被害を受けた住宅等の修繕費用のうち、被災直前よりその資産の価値を高め、その耐久性を増すための支出(「資本的支出」といいます。)と認められる部分は雑損控除の対象となる損失の金額には含まれません。

 

原状回復部分と資本的支出部分との区分が困難な部分がある場合に注意します

 

その金額の 30%に相当する額を原状回復のための支出の部分の額とし、残りの額(70%に相当する金額)を資本的支出の部分の額とすることができます。

この場合に、計算された原状回復のための支出の部分の額のうち、損壊した資産の損失の金額に相当する部分は災害関連支出に含まれません

 

具体例でみると

被災直前の時価 : 100万円(A)

被災直後の時価 :  60万円(B)

雑損控除の対象となる損失額 100(A)-60(B) = 40万円

 

住宅等の修繕のための費用

原状回復部分と資本的支出部分との区分困難な支出金額 : 300万円(C)

原状回復のための支出の部分の額 :300(C)×30% = 90万円

資本的支出のための部分の額 :300(C)×70% = 210万円

 

雑損控除の対象となる損失額 : 90万円

内訳は次のとおりです。

損失額40万円 + 災害関連支出50万円(90万円-40万円)

 

箱図で示すと次のようになります。

 

 

原状回復のための支出の部分の額 :300(C)×30% = 90万円をすべてカウントすると損失を重複してカウントすることになるからです。

 

(出所:東日本大震災質疑応答編)

 

 

変化を探し、変化に対応し、変化を機会として利用する(ピーター F.ドラッカー)

Every day is a new day!

冬の1日を元気にお過ごしください。

 

災害を受けた個人が知っておきたい税金の負担が軽くなる仕組み

雑損控除

①  災害を受けた個人が知っておきたい税金の負担が軽くなる仕組み 

② 損失額と控除額の計算

 損失額が不明の場合には「損失額の合理的な計算方法」で算出します

 雑損控除の対象となる災害を受けた資産の範囲とは

 現状回復のための支出がある場合(翌年・翌々年に支出した災害関連支出)

 

確定申告で間違いやすい項目

① 妻が契約者になっている生命保険の保険料、生命保険料控除の対象となりますか?

 事業を始めた個人が、青色事業専従者に給与を支払うこととなった時の手続き

③ 事業を始めた個人が、開業準備期間中に支出した費用(開業費)

 年末、年内に納品した分で未請求の売掛金の記帳を忘れずに【決算】

 プライベート用と事業用の混ざった支出のうち、いくらが必要経費で落とせるのか?

 中古車を購入しプライベートで使っていたが、車を事業に使った(転用)場合の減価償却費の計算

⑦ パートやアルバイトなど。2か所以上から給与をもらっている方の確定申告

 令和元年10月から変更されている「住宅ローン控除」の控除期間

 単身児童扶養者とは?「令和2年分給与所得者の扶養控除等申告書」

 確定申告や年末調整で16歳未満の扶養親族を記載する理由とは

 所得税確定申告で決算整理の際に間違いやすいベスト10

⑫ 簡易課税の消費税申告書作成の際に、間違いやすい事項

 

木曜日の「相続税の記事」はお休みしました。

 

個人の確定申告について、次の記事を参考にしてください

税金(個人)

 

ブログは曜日により、次のようにテーマを決めて書いています。

 

・月曜日は「開業の基礎知識~創業者のクラウド会計

・火曜日は「介護事業」

・水曜日は「消費税」

・木曜日は「法人節税策の基礎知識

・金曜日は「相続税ついてわかりやすく!」

・土曜日は「経営者目線で考える中小企業の決算書の読み方・活かし方」

・日曜日はテーマ決めずに書いています。

 

免責

ブログ記事の内容は、投稿時点での税法その他の法令に基づき記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。