5月27日に経済産業省から「令和2年度第2次補正予算案(概要)」が公表されています。

補正予算額は約15兆円です。

その中で「家賃支援給付金」という新たな制度が創設されます。

 

今回は

家賃支援給付金「月額法人50万円、個事業者25万円、6か月分が支給されます。」

 

を紹介します。

 

「家賃支援給付金」とは

 

新型コロナウイルス感染症の5月の緊急事態宣言の延長により、売上の急減に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃の負担を軽減することを目的として、テナント事業者に対して支給するというものです。(予算額:約2兆円)

 

5/29、定例記者会見の中で梶山経済産業大臣は、次のように制度の趣旨を述べています

 

「持続化給付金の中では固定費ということで家賃も我々は考えていたんですけれども、与野党のやり取りの中で、(略)家賃もまたまとめて来ているということで、(持続化)給付金プラスその家賃ということで対応していきたいということで考えています」

 

つまり「持続化給付金」+「地代・家賃の補助(家賃支援給付金)」の対応です

 

制度の詳細はまだ設計中ですので、概要のみ発表されています。

次のとおりです。

 

 

適用となる対象者は

 

テナント事業者のうち、2020年の5月~12月において、次のいずれかにあてはまる事業者です。

 

■いずれか1カ月の売上高が、前年同月比で50%以上減少する場合

■連続する3ヶ月の売上高が、前年同期比で30%以上減少する場合

 

給付額は

 

給付額は、申請時の直近の支払い家賃(月額)の6か月分(半年分)

 

給付率は2/3(持続化給付金と違い全額支給ではありません)

 

給付上限額(月額)は法人50万円、個⼈事業者25万円として、6か月が支給されます。

■複数店舗を所有する場合など、家賃の総支払い額が高い事業主を考慮して、上限を超える場合の例外措置を設けています。

つまり、支払い家賃(月額)のうち給付上限超過額の1/3を給付することとして、給付上限額(月額)を法⼈100万円、個⼈事業者50万円に引き上げています。  

 

 

 たとえば、法人で支払い家賃が月額225万円の場合

 

①1月分の家賃支援給付金75万円×2/3+(225万円-75万円)×1/3=100万円(上限額)

②家賃支援給付金総額 100万円×6月分=600万円

 

ちなみに半年分の支払い家賃総額は1,350万円です。このうち給付金総額が600万円。

実質的な補助率は、600万円/1,350万円で約44%の補助率になります。

 

図にするとつぎのようになります。

 

 

 

 

(出所:経済産業省 令和2年度第2次補正予算案)

 

第2次補正予算成立が6/17の予定です。その前には具体的な手続きが公表されると考えています。

NHKでは「6月下旬受け付け開始を目指す。支給は7月以降」と報道しています。

 

 

変化を探し、変化に対応し、変化を機会として利用する(ピーター F.ドラッカー)

Never waste a good crisis!

春の日の1日を朗らかにお過ごしください。

 

 

新型コロナウイルスの記事

[1] 日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付制度」の3つのポイント

[2] 新型コロナウイルスによる「税金」「社会保険料」の支払い猶予 

[3] 新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急の税制改正の内容

[4] セーフティネット保証4号(自然災害等)の融資と認定手続き

[5] 新型コロナ最大200万円の事業者向け給付金の仕組み(持続化給付金

[6] 民間の金融機関の信用保証協会付き融資

[7] 日本政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症特別貸付」及び「実質無利子化(特別利子補給制度)」

[8]  持続化給付金の申請「3月法人で令和2年3月末の確定申告を提出していない場合」  

[9] 持続化給付金の申請「昨年(2019年)に創業した法人の特例」 

[10] 持続化給付金の申請「青色申告の個人事業者の場合」

[11] 持続化給付金申請「新規開業特例2019年に新規開業した個人事業者の場合」

[12] 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>の募集が始まっています

[13] 持続化給付金の申請要領「白色申告の個人事業者の場合」

[14]人事業者の持続化給付金申請の際に必要な証拠書類について(青色または白色)

[15] 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>注意したい3つのポイント

[16] 持続化給付金「2019年に新規開業した個人事業者事業収入の注意したいポイント」

[17] 持続化給付金「新規開業した個人事業者が開業届を提出していない場合」

[18] 持続化給付金申請「2020年に新規開業した方は対象となりません!」

[19] 持続化給付金「フリーランスの給与所得や雑所得は給付金の対象とはなりません」

[20] フリーランスの方の給与所得や雑所得を、新制度でどう救済するか?

[21] フリーランスに持続化給付金「給与所得・雑所得に対象拡大」

[22] 吹田市独自の事業活動支援策「小規模事業者応援金(支給額20万円)

[23] 大阪府休業要請「外」支援金の概要と対象要件(申請が始まっています)

 

ブログは曜日により、次のようにテーマを決めて書いています。

・月曜日は「創業の基礎知識~創業者のクラウド会計」

・火曜日は「介護事業」

・水曜日は「消費税」

・木曜日~日曜日はテーマを決めずに書いています

 

免責

ブログ記事の内容は、投稿時点での税法その他の法令に基づき記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。