井上寧 NEW DAY BLOG 新着
  • HOME »
  • 井上寧 NEW DAY BLOG 新着 »
  • 消費税

消費税

賃貸マンションを売却した際に、買主から受け取る固定資産税の消費税の取扱い ~ 消費税㊳

  “未経過固定資産税のうち、建物部分は消費税の課税対象となります”   を紹介します。   たとえば 賃貸マンションの売買の際に、買主・売主の合意に基づき、固定資産税の未経過分を買主が支払うことにな …

賃貸オフィスなどの「権利金」「更新料」「保証金」「敷金」の消費税の取扱いについて ~ 消費税㊳

  賃貸オフィスなど建物の賃貸借契約の締結にあたって、受け取る保証金や敷金はその内容を確認して消費税の課非 を検討します。   保証金と敷金のうち、返還しないものは消費税課税です   つまり、賃貸借契 …

高額資産(1,000万円以上)を購入した場合、簡易課税が適用できないケース ~ 消費税㊲

  高額資産を購入したときに、消費税簡易課税制度選択届出書を提出しても適用されないケースがあります。   つまり 消費税の課税事業者が「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出して、その後、同じ課税期間に …

消費税の課税事業者選択について、提出した日から適用できるケース ~ 消費税㊱

  消費税の課税事業者の選択は、課税事業者選択届出書を納税地の所轄税務署に提出して行います。通常は提出日の属する課税期間の翌課税期間から、その効力が生じます。 つまり翌課税期間から課税事業者となります。 &nb …

簡易課税制度適用事業者が免税事業者となった後、ふたたび課税事業者となった場合 ~ 消費税㉟

  簡易課税制度を適用している事業者が、基準期間の課税売上高が1,000万円以下となり免税事業者となった後、ふたたび課税事業者になったときは、仕入れに係る消費税額計算を、原則課税を行うことはできません。 &nb …

複数税率制度に伴う新しい消費税申告書の「誤り事例」 ~ 消費税㉞

  令和元年10月1日から、消費税の税率が8%から10%に引き上げられるとともに、消費税の軽減税率制度が実施されたことに伴って、令和元年10月1日以後終了課税期間の消費税申告については、複数税率に対応した申告書 …

軽減税率制度による確定申告書を作成する前に、変更後のチェックポイントを確認しましょう! ~ 消費税㉝

  消費税の軽減税率制度に対応した決算処理および確定申告書を作成する前に知っておきたいチェックポイントを2つ紹介します。   チェックポイントは「税率区分」と「区分経理」 です。   ①税率 …

「消費税簡易課税制度選択届出書」と「特例の消費税簡易課税制度選択届出書」~ 消費税㉜

  簡易課税が有利になる場合があります。 ただし 簡易課税を選択するときには事前に「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出する必要があります   提出期限が定まっていますので、期限後に提出すると制度の適 …

消費税の還付を受けて、課税事業者になる方が有利な場合に提出します「消費税課税事業者選択届出書」~ 消費税㉛

  免税事業者であった場合、納税義務はありません。しかし、逆に、支払った消費税が受け取った消費税よりも多い場合には、還付により戻ってくるはずの消費税が、還付を受け取ることができません。事業者にとって不利になりま …

消費税の納税義務者でなくなったときにも手続きが必要です ~ 消費税㉚

  課税売上高が1,000万円を超えると消費税の課税事業者となります。その際は「消費税課税事業者届出書」を提出する必要があります。   反対に、課税売上高が1,000万円以下になった場合にも手続きが必 …

1 2 3 4 »

ご挨拶

井上寧税理士事務所のホームページにご訪問ありがとうございます。
当事務所は、税務に熟知した公務員出身の井上寧が代表の税理士事務所です。
個人・法人問わず、お悩みがあればお気軽にご相談ください。
井上寧税理士

井上寧税理士事務所概要

〒564-0082
大阪府吹田市片山町3丁目37番19号
営業時間:9:00~17:00
営業日 :月曜日~金曜日
お気軽にお問合せください。

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 井上寧(やすし)税理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.