井上寧(やすし)税理士事務所井上寧(やすし)税理士事務所

一からはじめる会計のお手伝い。スタートアップの志を支える税理士。
Blog丁寧解説お役立ちブログ。
2021.01.09.Sat | こう考えています

家賃支援給付金の申請期限(1月15日)、期限後申請は理由書添付 ~ 新型コロナウイルス[45]



今回は



家賃支援給付金の申請期限は1月15日。期限後の申請(1月31日まで)には理由書を添付します



を紹介します。



家賃支援給付金とは



昨年5月の緊急事態宣言の延長により、売上の急減に直面する事業者の事業継続を下支えするとともに、地代・家賃の負担を軽減するため、テナント事業者に支給するというものです。


給付金の名称が「家賃支援」となっていますが、家賃だけではなく支払っている「地代」に対しても補助されます。



支給対象となる要件は次の3つです。すべてをクリアーする必要があります



① 中小企業(資本金10億円未満)、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者


② 5月~12月の売上高について、


 ・ 1ヵ月で前年同月比▲50%以上 または


 ・ 連続する3ヵ月の合計で前年同期比▲30%以上


③自らの事業のために占有する土地・建物の賃料を支払っていること



申請期限は1月15日です



事務局から次のような連絡がきています。


「家賃支援給付金の申請期限は、2021年1月15日(金)24時となっております。まだ申請がお済みでない方は、期限までに申請を完了いただくようお願いいたします。」


「なお、必要書類の準備に時間を要するなど、申請期限に間に合わない特段の事情がある方については、2021年1月31日(日)23時50分まで追加の提出を受け付けます。」



申請期限に間に合わない場合は、その理由を記載した書面を添付します



事務局から次のように連絡がきています。


「申請期限に間に合わない特段の事情については、書面(様式自由)を作成し、申請の際に添付をお願いします。」


「なお、こちらに様式例を掲載しておりますので、適宜ご活用ください。」


様式例は次のとおりです。

申請が期限に間に合わない理由を記載します。




家賃支援給付金、持続化給付金は予定どおり今月15日で締め切りです



ただし、政府は新たな給付金の支援策を検討し、対象業種や支援金額を調整しているそうです。







変化を探し、変化に対応し、変化を機会として利用する(ピーター F.ドラッカー)

Every day is a new day!

冬の1日を元気にお過ごしください。




今日は「創業者のクラウド会計」はお休みしました。





ブログは曜日により、次のようにテーマを決めて書いています。



・月曜日は「創業者のクラウド会計

・火曜日は「介護事業」または「確定申告

・水曜日は「消費税

・木曜日は「法人節税策の基礎知識

・金曜日は「贈与や相続・譲渡など資産税

・土曜日は「創業者のクラウド会計」または「決算書の読み方」など

・日曜日はテーマを決めずに書いています。



免責


ブログ記事の内容は、投稿時点での税法その他の法令に基づき記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。


カテゴリーで絞る
back記事一覧へ戻る

まずはお気軽にお問い合わせください

06-6318-7726

営業時間:9:00~17:00(月曜日~金曜日)

メールでのお問い合わせ