6月12日に2020年度第2次補正予算が成立しました。

この中で、持続化給付金について制度拡充が行われています。

 

フリーランスの「給与所得」や「雑所得」も持続化給付金の対象になります

 

を紹介します。

 

持続化給付金支給の対象者となるのは

 

新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している法人または個人事業者です。

具体的には

■法人(資本金10億円以上の大企業を除く、中堅企業、中小企業など)

■小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者

 

給付額は

 

■法人は最大200万円

■個人事業者は最大100万円

ただし、前年1年間の売上からの減少分を上限とします。

 

ただし、これまで対象となる個人事業主は「事業所得」で税務申告している必要がありました

 

したがって、収入を「雑所得」や「給与所得」と税務申告してきたために給付を受けられなかったフリーランスの方がいました。

今後、こうした税務申告をされた方、職種的には予備校や音楽教室の講師、役者、フリーライター、デザイナーなどの方が新たに給付金の対象に加わる見込です。

 

 

申請に必要となる追加書類や手続きの詳細は、まだ公表されていません。

経済産業省は6月中に受け付け開始をめざしているそうです。

分かっている事項は次のとおりです(ざっくりと)

 

 

<参考>

6/26に申請要領が公表されています。「持続化給付金申請要領(申請のガイダンス)です。

新しく公表された申請要領はフリーランスを対象としています。

したがって「主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者等向け」となっています。

 

 持続化給付金の申請要領「フリーランスの場合」申請のポイント ~ 新型コロナウイルス[31]

 

変化を探し、変化に対応し、変化を機会として利用する(ピーター F.ドラッカー)

Never waste a good crisis!

向暑の1日を朗らかにお過ごしください。

 

 

新型コロナウイルスの記事

[1] 日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付制度」の3つのポイント

[2] 新型コロナウイルスによる「税金」「社会保険料」の支払い猶予 

[3] 新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急の税制改正の内容

[4] セーフティネット保証4号(自然災害等)の融資と認定手続き

[5] 新型コロナ最大200万円の事業者向け給付金の仕組み(持続化給付金

[6] 民間の金融機関の信用保証協会付き融資

[7] 日本政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症特別貸付」及び「実質無利子化(特別利子補給制度)」

[8]  持続化給付金の申請「3月法人で令和2年3月末の確定申告を提出していない場合」  

[9] 持続化給付金の申請「昨年(2019年)に創業した法人の特例」 

[10] 持続化給付金の申請「青色申告の個人事業者の場合」

[11] 持続化給付金申請「新規開業特例2019年に新規開業した個人事業者の場合」

[12] 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>の募集が始まっています

[13] 持続化給付金の申請要領「白色申告の個人事業者の場合」

[14]人事業者の持続化給付金申請の際に必要な証拠書類について(青色または白色)

[15] 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>注意したい3つのポイント

[16] 持続化給付金「2019年に新規開業した個人事業者事業収入の注意したいポイント」

[17] 持続化給付金「新規開業した個人事業者が開業届を提出していない場合」

[18] 持続化給付金申請「2020年に新規開業した方は対象となりません!」

[19] 持続化給付金「フリーランスの給与所得や雑所得は給付金の対象とはなりません」

[20] フリーランスの方の給与所得や雑所得を、新制度でどう救済するか?

[21] フリーランスに持続化給付金「給与所得・雑所得に対象拡大」

[22] 吹田市独自の事業活動支援策「小規模事業者応援金(支給額20万円)

[23] 大阪府休業要請「外」支援金の概要と対象要件(申請が始まっています)

[24] 店舗の賃料の負担を軽減する「家賃支援給付金」(テナント事業者に対して給付金を支給します)

[25]従業員を休業させた場合に支払う「休業手当」は給与所得。源泉徴収が必要です

[26] 大阪府休業要請「外」支援金の対象要件 ~ 休業要請支援金の支給対象でないことの判定

 

ブログは曜日により、次のようにテーマを決めて書いています。

・月曜日は「創業の基礎知識~創業者のクラウド会計」

・火曜日は「介護事業」

・水曜日は「消費税」

・木曜日~日曜日はテーマを決めずに書いています

 

免責

ブログ記事の内容は、投稿時点での税法その他の法令に基づき記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。