6/26に申請要領が公表されています。

「持続化給付金申請要領(申請のガイダンス)」です。

新しく公表された申請要領はフリーランスを対象としています。

したがって「主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者等向け」となっています。

 

持続化給付金とは

 

感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧とするための事業全般に広く使える給付金です。

給付額は、個人事業者等は100万円、法人200万円です(昨年1年間の売上からの減少分を上限とします)。

 

売上減少分の計算方法は次のとおりです

 

前年の収入 – 対象月の収入(売上▲50%以上の月)×12ヶ月

 

フリーランスが申請する場合のポイント”

 

を紹介します。

 

今回、新たに対象者となるフリーランスを次のように呼んでいます

 

→ 主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者

 

つまり

雇用契約によらず、業務委託契約等に基づく事業活動からの収入がある方で、これらの収入を確定申告における主たる収入として、雑所得又は給与所得の収入として確定申告をした方です。

 

給付の対象となるフリーランスは次のとおりです(ざっくりと)

 

■雇用契約によらない業務委託契約等に基づく収入であって、雑所得・給与所得として計上されるものを主たる収入として得ており、今後も事業継続する意思があること。

 

■今年の対象月の収入が昨年の月平均収入と比べて50%以上減少していること。

 

■2019年以前から、被雇用者または被扶養者ではないこと。

 

申請にあたって、必要な証拠書類は次のとおりです

 

①前年分の確定申告書

②今年の対象月の収入が分かる書類(売上台帳等)

①の収入が、業務委託契約等の事業活動からであることを示す次のア~ウの書類

ア 業務委託等の契約書の写しまたは契約があったことを示す申立書

イ 支払者が発行した支払調書または源泉徴収票

ウ 支払があったことを示す通帳の写し

※ ア~ウの中からいずれか2つを提出(イの源泉徴収票の場合はアとの組合せが必須です)

④国民健康保険証の写し

⑤振込先口座通帳の写し、本人確認書類の写し

 

注意する書類は、③の「収入が業務委託契約等の事業活動からであることを示す書類」です。スムーズに用意できれば問題ありません。

 

今回の給付対象となる方は、ひらたく言うと次のような方です

 

たとえば

 

音楽教室や学習塾の講師など

委任契約に基づき、音楽教室や学習塾の講師など、「生徒を教える」という役割を委任されている方など

 

WEBデザイナー、イラストレーターなど

請負契約に基づき、成果物を納品されているエンジニアやプログラマー、WEBデザイナー、イラストレーター、ライターなど

 

外交員など

業務委託契約に基づき、化粧品や飲料など、特定取引先の商品を届け、集金する業務を委託されている方など

 

ただし、上の職種であっても、会社に雇用されている方(サラリーマンの方、パート・アルバイト・派遣・日雇い労働等の方を含む。)は対象になりません。

 

<参考>

(出所:経済産業省HP)

 

変化を探し、変化に対応し、変化を機会として利用する(ピーター F.ドラッカー)

Every day is a new day!

向暑の1日を元気にお過ごしください。

 

新型コロナウイルスの記事

[1] 日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付制度」の3つのポイント

[2] 新型コロナウイルスによる「税金」「社会保険料」の支払い猶予 

[3] 新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急の税制改正の内容

[4] セーフティネット保証4号(自然災害等)の融資と認定手続き

[5] 新型コロナ最大200万円の事業者向け給付金の仕組み(持続化給付金

[6] 民間の金融機関の信用保証協会付き融資

[7] 日本政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症特別貸付」及び「実質無利子化(特別利子補給制度)」

[8]  持続化給付金の申請「3月法人で令和2年3月末の確定申告を提出していない場合」  

[9] 持続化給付金の申請「昨年(2019年)に創業した法人の特例」 

[10] 持続化給付金の申請「青色申告の個人事業者の場合」

[11] 持続化給付金申請「新規開業特例2019年に新規開業した個人事業者の場合」

[12] 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>の募集が始まっています

[13] 持続化給付金の申請要領「白色申告の個人事業者の場合」

[14]人事業者の持続化給付金申請の際に必要な証拠書類について(青色または白色)

[15] 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>注意したい3つのポイント

[16] 持続化給付金「2019年に新規開業した個人事業者事業収入の注意したいポイント」

[17] 持続化給付金「新規開業した個人事業者が開業届を提出していない場合」

[18] 持続化給付金申請「2020年に新規開業した方は対象となりません!」

[19] 持続化給付金「フリーランスの給与所得や雑所得は給付金の対象とはなりません」

[20] フリーランスの方の給与所得や雑所得を、新制度でどう救済するか?

[21] フリーランスに持続化給付金「給与所得・雑所得に対象拡大」

[22] 吹田市独自の事業活動支援策「小規模事業者応援金(支給額20万円)

[23] 大阪府休業要請「外」支援金の概要と対象要件(申請が始まっています)

[24] 店舗の賃料の負担を軽減する「家賃支援給付金」(テナント事業者に対して給付金を支給します)

[25]従業員を休業させた場合に支払う「休業手当」は給与所得。源泉徴収が必要です

[26] 大阪府休業要請「外」支援金の対象要件 ~ 休業要請支援金の支給対象でないことの判定

[27] フリーランス「給与所得」「雑所得」も対象拡大となる持続化給付金

[28] 吹田市内で経営に困っている小売業やサービス業の経営者に活用をおすすめする8つの支援制度

[29] 地代も対象になります。「家賃支援給付金」

[30] 「特区民泊」国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業について

 

ブログは曜日により、次のようにテーマを決めて書いています。

・月曜日は「開業の基礎知識~創業者のクラウド会計」

・火曜日は「介護事業」

・水曜日は「消費税」

・木曜日は「知っておきたい法人税の基礎知識」

・金曜日は「贈与や相続・譲渡など資産税」

・土曜日が「開業の基礎知識~創業者のクラウド会計」

・日曜日は、テーマを決めずに書いています。

 

免責

ブログ記事の内容は、投稿時点での税法その他の法令に基づき記載しています。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行ってください。